禁煙外来

禁煙外来

喫煙は治療によって止められる

喫煙は治療によって止められる

タバコは本人だけでなく、受動喫煙により、喫煙者以外の人にまで悪い影響が及ぶことが知られています。受動喫煙の影響を一番受けやすいのは、同じ家で生活しているご家族でしょう。喫煙者本人はもちろん、大切なご家族のためにも禁煙をおすすめします。

タバコは、ニコチンの作用による脳や身体への快感(身体的依存)だけでなく、「ホッとする」「スッキリする」といった気持ちの上での依存(心理的依存)が重なっているため、自分の意思の力だけではなかなか止めることができません。

当院では、禁煙補助薬や生活指導を駆使した禁煙のお手伝いをいたしております。禁煙治療をご希望の方は、禁煙外来にてご相談ください。

禁煙治療は健康保健で受けられます

禁煙治療には健康保険が適用されます。ただし、健康保険を使って受けるためには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認することになっています。要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることはできます。

健康保険で禁煙治療を受けるための要件
  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)が5点以上
  • 35歳以上の方
  • ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上

例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、 15(本)×20(年)=300なので対象となります。

  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意していること(文書にサインをいただきます)

※過去に健康保険で禁煙治療を受けたことのある方は、前回の治療の初回診察日から1年が経過しないうちは「自由診療」となります。

健康保険を使った禁煙治療の流れ

健康保険を使った禁煙治療の流れ

標準的な禁煙治療では、「12週間で合計5回の診察」を受けます。

通院初回

健康保険で治療が受けられるかどうかの依存度をチェックします。呼気に含まれる代表的な有害物質(一酸化炭素)の濃度を測定後、禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。禁煙補助薬を選択し、薬の説明を受けます。

禁煙開始

禁煙補助薬の内服開始から1週間後に、禁煙をスタートします。

通院2~4回目

それぞれ初診から2、3、4週間後に受診します。呼気一酸化炭素濃度の測定、および禁煙状況のチェックとアドバイスを受けます。

通院5回目

初診から12週間後(約3ヶ月後)の受診で、禁煙治療は完了です。前回までと同様に呼気一酸化炭素濃度の測定を行い、禁煙を続けていく上でのアドバイスを受けます。

  • ご予約・お問い合わせ

    東京都昭島近隣地域にお住いの方でリウマチ・膠原病・内科のことでお困りでしたらご相談ください。
    問診票をあらかじめご記入の上お持ちいただけるとスムーズです。問診票ダウンロード

  • 何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ 何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ
pageTop